スイムキャップが999円以下で買える!競泳選手におススメ商品

ここ数年で日本の競泳選手が世界大会で大いに活躍してることがメディアでも多く取り上げられています。
オリンピックでも男女共々に好成績をあげ、日本代表として誇らしいですよね。
水泳は学生時の体育の授業の一環で取り組んだことがある人となかった人いるでしょう。
授業で取り組んでいたとき、水泳では水着とスイムキャップ、ゴーグルの準備が必要でした。
当時のスイムキャップは、学校からの指定はなく、市販の商品で友達も揃えていましたが、みんなメッシュ素材のキャップでした。

スイムキャップの素材は2種類

今では、メッシュ素材だけでなく、シリコン素材のキャップもあり、2種類あります。
メッシュ素材よりもシリコン素材は見た目がツルツルしており、光沢感がでているのが特徴です。
どちらの方が泳ぐときには使いやすいのかは使用者次第ではありますが、競泳にはシリコン素材の方が多く使われています。
多くの競泳選手はシリコンキャップで出場しています。

シリコンキャップは、メッシュ素材よりも水の抵抗を受けにくく、タイムや順位を競う時には適したキャップです。
また、プールの水は塩素を含んでおり、シリコン製は塩素から頭髪・頭皮を守ってくれます。
それに反してメッシュは水を吸収するため、頭髪・頭皮に塩素の刺激を受けます。
肌が弱い方はメッシュ素材よりも断然シリコン素材を使用するべきです。
メッシュ素材のメリットといえば、着脱がしやすいという点です。泳いだ後にすぐ片手でも外せますが、シリコン製はピタッと肌にフィットしているため、慣れるまでは着脱に苦戦します。

また、通気性が悪い分、キャップ内が蒸れやすい点が難点です。
反対の利点をもっている2つのタイプでどれを好むかは、スポーツとしてなのか遊びで泳いでいるのかの用途に応じて使い分けると良いでしょう。

品質優れたスイムキャップ

今ではメッシュ素材より、シリコン素材のキャップを使用している人が多いでしょう。
より良いタイムを出したい、早く泳ぎたいと競泳選手はスキル・実力の向上を望みます。
そんな中、スイムキャップを安く売っているネットショップがあります。
Wudouは999円以下コーナーがあり、その999円商品の中に、シリコンキャップが1個864円で販売しています。とてもお買い得です!
サイズはフリーと子どもから大人まで対象しています。
カラーも5色から選べ、ゴールドとかっこいい色も揃っています。

まとめ

プールに入る際、海とは違って水着着用やキャップ着用が入水条件である施設もあります。
泳ぎに行くだけと遊び感覚の方や、タイム縮めたいという競技として泳ぐ方もいるでしょう。どの目的にもWundouのスイムキャップは安価で品質も優れているので、キャップが必要な方は、是非一度購入してみてはいかがでしょうか。